2018年4月19日木曜日

さくら地区合同班キャンプ

2017年12月16-17日
例年では23日のクリスマス会の準備や練習を
一生懸命やっているタイミングですが


今年は地区の合同班キャンプが
この2日間になりました



場所はおなじみの
船橋


寒いだろうなあ
寝袋1枚で大丈夫かなあ
色々想像して


スカウト達にも万全の準備を!
という事で船橋へ




やはり
さくら地区のスカウトの他には
誰も見当たりません



しかし

枝だけになった森の木々

落ち葉が敷き詰められた
キャンプサイト

オフシーズだけの景色です


となると


こんなこと
やり始めて

ついには


こんなんなって…

頭の中までダニついちゃうんじゃないの?



でも楽しそうなんで
良し!



もちろん
班キャンプとしての
サイト設営も2人だけど
自分たちでやれるようになってるので
良し!


今回の班キャンプのメインは
各班で作った料理を持ち寄っての
夕食パーティー!

しかし

作るからには
皆に「美味しい」と
言わせたい!

荒2イーグル班が作るのは
自分たちで調べて材料を買ってきた

『豚と白菜のミルフィーユ鍋』

寒い冬のキャンプには
最高のチョイスでは!


事前の集会で一度試してみたので
今回2回目

頑張れ!


手際良く
分担作業で材料の下ごしらえ


そして
出来上がりの見た目も大事


2人で協力して
何とかミルフィーユになりました!




この後
しっかり味見をして
無事完成したのですが

パーティーで
沢山の班の料理を食べるのに夢中で
完成の写真撮り忘れてました




荒2の料理も
皆から美味しい!美味しいと!

あっと言う間に鍋が空になるほどでしたが

他の班の料理も
どれも手が込んでいて美味しく
小中学生がこんな料理を作れるんだ!?

というぐらいレベルが高かったです




そして
今年も盛り上がった営火



年に1度

地区の同じボーイ隊の仲間と
同じ場所でキャンプをして
交流を深め、刺激をもらう



夜中はけっこう寒かったけど
冬のキャンプは楽しい^^


彼ら
また少し成長したかな




2018年2月9日金曜日

発団50周年記念式典

2017年11月23日
荒川第2団の発団50周年

記念ミサ、記念式典、記念祝賀会が
団本部である
三河島教会で行われました


数日前からの雨の予報が
直前に外れる事を祈っていた
関係者も多かったです


しかし

雨降って 地固まる
ポジティブに行きましょう



足元の悪い中
本当に沢山のお客様に
お越しいただきました





お御堂で
記念ミサが
始まりました


厳かな雰囲気の中
パイプオルガンの音が
響きます





一方裏では
これから沢山来られるであろう
お客様に
温かくて美味しいものを食べて
喜んでいただこうと


近藤団委員長のお知り合いで
横浜96団の鈴木団委員さんが
鯛焼き一式を持参して祝賀会の食事に
花を添えてくれました


鈴木さんは
東北、熊本の被災地でも
ボランティアとして大活躍の方です!!
式典の二日後に記念品としてお渡しした
荒川2団のエプロンを付けて
熊本で鯛焼きを振舞ったとの事です
ステキな方です!



その鯛焼き屋台に
駆けつけてくれたOBの中野さんは
スーツの上着を脱いで
自ら進んで鯛焼きアシスタントを
買って出てくれました!

仕事前にありがとうございます!!




お御堂に戻ります


荒川2団の育成会長でもある
松永神父様と

前主任司祭の西本神父様


西本神父様は
数年前に福島の山奥のボーイキャンプに
ミサの為に来てくださった事も





その頃
ドン・ボスコ保育園の
厨房をお借りして


ガールスカウト108団や荒川2団の
保護者の皆さんが料理と格闘中で
声をかけるのも遠慮するほどの
忙しさでした

お手伝いありがとうございます!





お御堂では
ミサが終わり

お客様もドッと増えて
記念式典が始まります


まずは国旗、隊旗、50周年旗の入場


先頭は
現ローバーで荒川2団最初の
富士スカウト塚田君





育成会長のご挨拶





お御堂には
地区の安全委員会からも
この日の為にサポートに来てくださいました







またまた
下へ降りてみると


全料理を取り仕切る
滝田副長が忙しそうに

おでんの方もいい感じでしょうか?






お御堂では

近藤団委員長が
お越しのお客様、関係者
全ての方に感謝の気持ちを
述べられていました


荒川第2団は近藤団委員長の
スカウト、指導者としての歴史でも
あると言っても過言ではないです



式典の司会は
伊藤団委員が務めました





ご来賓のお客様から
数多くの祝辞をいただきました







スカウト達も
真剣な面持ちで
耳を傾けます





式典の後半には
団への永年の功績を讃え
7名の方へ感謝状を贈呈











トリはこの方
同じ荒川団でもあり
さくら地区の
鈴木地区コミッショナーのご発声で


弥栄三唱



弥栄 弥栄 弥栄!


荒2スカウト、リーダーも
大きな声でお返ししました


弥栄 弥栄 弥栄!


ありがとうございました
盛り上がってまいりました!




さあ
ミサ、式典が終了して

一斉に下のホールへ
お客様が降りて来られました〜

お食事の準備は
どうでしょう?



荒2OBが仕事で帰った後を
ガールのヤングリーダーが
鯛焼きアシスタントとして
頑張ってました!
ナカナカ手つきがいいね〜






予定では


式典の後は
荒川第2団が誇る
鼓笛隊が先導で
お客様や友団と共に
近隣をパレードするはずでしたが

この雨では
皆さんびしょ濡れは免れない
雨具を着たらカッコ悪い


ギリギリの判断で
断念しました




この日の為に
練習してきたスカウト達も
残念がっていましたが


ポジティブに考えれば
パレード参加のお客様達は
鼓笛隊に着いて歩くので
鼓笛隊全体を見る事は出来ません


こうして横並びで
見ていただく事も珍しいから
これはこれで
良しとしましょう!



108団のガールスカウトは毎年夏に
社会を明るくする運動パレードのために
一緒に鼓笛隊に参加し、練習をしてきました

また
今年は同じ荒川区の1団、6団にも
声をかけたところ
数名が練習に参加し
この日も小太鼓を担当してくれました




そして
ここから


50周年を祝う会が始まりました



日本カトリックスカウト協議会の
津守会長のご発声で

カンパーイ!





寒いので
皆さん温かいものを食べたい!と
すぐに列が出来ました


鯛焼きはもちろん



こちらは
熱々おでん





フランクフルトも
ボイルしたものを
更に炭火で焼いてご提供







ホールの中では


式典では時間が足りず
お祝いの言葉を頂けなかった
方々からのありがたいお言葉を
頂戴しました






途中
BVS〜RSまでのスカウトによる
団歌でもある
「聖ドミニコ・サビオ頌歌」を合唱





くじ引き大会では
各団の代表者が参加して
盛り上がりました





会場の壁には
横長のパネルが

団の歴史とともに
その時代時代の集合写真を拡大し
掲示されました





こうして長い一日


ミサ
式典
祝賀会


無事に終了

お疲れ様でした!





当団の半世紀の歴史は
この日のように
沢山の方々のご支援やご協力があって
今日まで活動が続いているのだと感じました



次の半世紀へ向けて
力を合わせて頑張ろう!


荒2スピリッツは永遠です!


お客様の帰った後ホールで記念撮影






2018年1月30日火曜日

発団50周年記念式典 準備

2018年11月23日の
荒川第2団発団50周年記念式典に向けて
団員、スカウト、OB、関係者たちが
力を合わせ準備を行って来ました


私が担当した記念誌は
夏頃から関係者、OBから
写真や資料を集め
記念誌委員会でアイデアを出し合い
少しづつ作業を進め
式典の少し前に完成



みなさんから
良くできていると
評価していただきました

ご協力
ありがとうございました!



記念品の梱包や
当日の飾り付けも
スカウトも手伝って
進めました






パレードに参加するために
鼓笛隊の練習もガールスカウトと一緒に
一生懸命やりました






記念ミサで弾く
パイプオルガンの練習



ミサ本の確認




お客様に提供する
模擬店の準備は
雨の予報で大幅に場所の変更がありましたが
前日になんとか完了



紅白の幕で
お祝いの雰囲気が出ます



 玄関の看板も目立つように準備




厨房での食事の準備は
ボーイ、ガールの保護者の皆さんが
大いに頑張ってくれました




なんと鯛焼きまで!



雨天で室内での祝賀会になりましたが
ホールの準備も万端です




そして11/23
50周年記念式典が始まります